5.4. インストールプロセスのトラブルシューティング

5.4.1. Reliability of optical media

Sometimes, especially with older drives, the installer may fail to boot from an optical disc. The installer may also — even after booting successfully from such disc — fail to recognize the disc or return errors while reading from it during the installation.

この問題の原因は様々なことが考えられます。一般的な問題を挙げて、一般的な対処法を提供することしかできません。後はあなた次第です。

まずはじめに試すのは、以下の 2 点です。

  • If the disc does not boot, check that it was inserted correctly and that it is not dirty.

  • If the installer fails to recognize the disc, try just running the option Detect and mount installation media a second time. Some DMA related issues with very old CD-ROM drives are known to be resolved in this way.

If this does not work, then try the suggestions in the subsections below. Most, but not all, suggestions discussed there are valid for CD-ROM and DVD.

If you cannot get the installation working from optical disc, try one of the other installation methods that are available.

5.4.1.1. 共通の問題

  • 古い CD-ROM ドライブの中には、昨今の CD ライタで使用するような、高速で焼いたディスクからの読み込みをサポートしていない物があります。

  • 非常に古い CD-ROM ドライブの中には、ダイレクトメモリアクセス (DMA) が有効だと、正しく動作しない物があります。

5.4.1.2. 調査および問題解決の方法

If the optical disc fails to boot, try the suggestions listed below.

  • Check that your BIOS actually supports booting from optical disc (only an issue for very old systems) and that booting from such media is enabled in the BIOS.

  • If you downloaded an iso image, check that the md5sum of that image matches the one listed for the image in the MD5SUMS file that should be present in the same location as where you downloaded the image from.

    $ md5sum debian-testing-i386-netinst.iso
    a20391b12f7ff22ef705cee4059c6b92  debian-testing-i386-netinst.iso
    

    Next, check that the md5sum of the burned disc matches as well. The following command should work. It uses the size of the image to read the correct number of bytes from the disc.

    $ dd if=/dev/cdrom | \
    > head -c `stat --format=%s debian-testing-i386-netinst.iso` | \
    > md5sum
    a20391b12f7ff22ef705cee4059c6b92  -
    262668+0 records in
    262668+0 records out
    134486016 bytes (134 MB) copied, 97.474 seconds, 1.4 MB/s
    

If, after the installer has been booted successfully, the disc is not detected, sometimes simply trying again may solve the problem. If you have more than one optical drive, try changing the disc to the other drive. If that does not work or if the disc is recognized but there are errors when reading from it, try the suggestions listed below. Some basic knowledge of Linux is required for this. To execute any of the commands, you should first switch to the second virtual console (VT2) and activate the shell there.

  • エラーメッセージをチェックするのに VT4 に切り替えたり、/var/log/syslog の内容を (エディタの nano を使用して) 表示してください。その後、dmesg の出力でもチェックできます。

  • Check in the output of dmesg if your optical drive was recognized. You should see something like (the lines do not necessarily have to be consecutive):

    ata1.00: ATAPI: MATSHITADVD-RAM UJ-822S, 1.61, max UDMA/33
    ata1.00: configured for UDMA/33
    scsi 0:0:0:0: CD-ROM            MATSHITA DVD-RAM UJ-822S  1.61 PQ: 0 ANSI: 5
    sr0: scsi3-mmc drive: 24x/24x writer dvd-ram cd/rw xa/form2 cdda tray
    cdrom: Uniform CD-ROM driver Revision: 3.20
    

    If you don't see something like that, chances are the controller your drive is connected to was not recognized or may be not supported at all. If you know what driver is needed for the controller, you can try loading it manually using modprobe.

  • Check that there is a device node for your optical drive under /dev/. In the example above, this would be /dev/sr0. There should also be a /dev/cdrom.

  • Use the mount command to check if the optical disc is already mounted; if not, try mounting it manually:

    $ mount /dev/hdc /cdrom
    

    Check if there are any error messages after that command.

  • Check if DMA is currently enabled:

    $ cd /proc/ide/hdc
    $ grep using_dma settings
    using_dma      1       0       1       rw
    

    A 1 in the first column after using_dma means it is enabled. If it is, try disabling it:

    $ echo -n "using_dma:0" >settings
    

    Make sure that you are in the directory for the device that corresponds to your optical drive.

  • If there are any problems during the installation, try checking the integrity of the installation media using the option near the bottom of the installer's main menu. This option can also be used as a general test if the disc can be read reliably.

5.4.2. 起動設定

ブートプロセスの最中にカーネルがハングしたり、搭載されている周辺機器やドライブが正確に認識されないなどの問題が起こったら、まず 「起動パラメータ」 の説明に従って起動パラメータを確認してください。

場合によっては、デバイスのファームウェアがないために動作しないことがあります (「ファームウェアが必要なデバイス」「見つからないファームウェアの読み込み」 を参照)。

5.4.3. ソフトウェア音声合成

ソフトウェア音声合成が動作しない場合、ほとんどの場合、サウンドカードに問題があります。通常はインストーラにドライバが含まれていないか、ミキサーレベル名が異常値になっていて、デフォルトでミュートされています。その場合、以下のコマンドを、同じハードウェアでサウンドが動作することがわかっている Linux システム (Live CD など) で実行し、その結果をバグ報告してください。

  • dmesg

  • lspci

  • lsmod

  • amixer

5.4.4. 64-bit PC へのインストールに共通の問題

インストールの際の共通の問題がいくつかあり、これはインストーラに渡すブートパラメータで解決したり、確実にバイパスして回避したりできます。

カーネルの起動時に画面が不思議な絵 (例: 真っ白、真っ黒、色付きピクセル屑) を表示し始める場合、あなたのシステムは、フレームバッファモードに適切に変わらない問題のあるビデオカードがついているかもしれません。その場合、フレームバッファコンソールを無効にするため、起動パラメータに fb=false を使用できます。コンソールの機能が制限されているため、インストール中には特定の言語しか使えません。詳細は 「起動パラメータ」 をご覧ください。

5.4.4.1. PCMCIA 設定中のシステムフリーズ

DELL の非常に古いラップトップモデルのいくつかは、PCMCIA デバイス検出でいくつかハードウェアアドレスをアクセスしようとすると、クラッシュすることが知られています。他のラップトップコンピュータでも、同様の問題が起きるかもしれません。そのような問題に遭遇し、インストール中に PCMCIA サポートが不要な場合、hw-detect/start_pcmcia=false という起動パラメータで、PCMCIA を無効にできます。インストールが完了した後で PCMCIA を設定し、問題が起きるリソース範囲を除外できます。

その他に、インストーラをエキスパートモードで起動することができます。その後、ハードウェアが必要とするリソース範囲オプションを、入力するように促されます。例えば、上記の Dell のラップトップコンピュータを持っていれば、ここで exclude port 0x800-0x8ff と入力するといいです。さらにいくつかの共通のリソース範囲オプションのリストが PCMCIA HOWTO のシステムリソースの設定 にあります。インストーラにこの値を入力する場合、もしあればカンマを省略しなければならないことに注意してください。

5.4.5. カーネルの起動時メッセージの意味

ブートシーケンスの途中で、can't find something (〜が見つからない), something not present (〜が存在しない), can't initialize something (〜を初期化できない), this driver release depends on something (このドライバには〜が必要だ) などのメッセージがたくさん出力されることがあります。これらのメッセージのほとんどは無害です。これらが出力される理由は、インストールシステムのカーネルが、いろいろな周辺デバイスのできるだけ多くに対応しようとしているからです。そのため、OS が実際には存在しない周辺機器を探すことになるので、文句を吐くわけです。システムがしばらく止まったように見えることもあります。これはデバイスが反応するのを待っているために起こるものです (実際にはそのデバイスは存在しないので、止まってみえるわけです)。システムの起動に要する時間が堪えがたいほど長い場合は、後で自前のカーネルを作ることもできます (「新しいカーネルのコンパイル」 参照)

5.4.6. インストールで発生した問題の報告

If you get through the initial boot phase but cannot complete the install, the menu option Save debug logs may be helpful. It lets you store system error logs and configuration information from the installer on a storage medium, or download them using a web browser. This information may provide clues as to what went wrong and how to fix it. If you are submitting a bug report, you may want to attach this information to the bug report.

その他のインストールメッセージは、インストール中では /var/log/ で、インストールしたシステムが起動した後では /var/log/installer/ にあるはずです。

5.4.7. インストールレポートの送信

まだ問題がある場合には、インストールレポートをお送りください。また、インストールが成功したときのインストールレポートもお送りください。そうすると、たくさんのハードウェア設定情報を手に入れることができます。

あなたのインストールレポートは、Debian バグ追跡システム (BTS) で公開され、公開メーリングリストに転送されることに留意してください。必ず、公開されても問題ない e-mail アドレスを使用してください。

動作する Debian システムがある場合、インストールレポートを送る最も簡単な方法は以下のようになります。installation-reportreportbug パッケージをインストール (apt install installation-report reportbug) し、「システムの外に電子メールを送る」 で説明しているように reportbug を設定して、reportbug installation-reports を実行してください。

Alternatively you can use this template when filling out installation reports, and file the report as a bug report against the installation-reports pseudo package, by sending it to .

Package: installation-reports

Boot method: <How did you boot the installer? CD/DVD? USB stick? Network?>
Image version: <Full URL to image you downloaded is best>
Date: <Date and time of the install>

Machine: <Description of machine (eg, IBM Thinkpad R32)>
Processor:
Memory:
Partitions: <df -Tl will do; the raw partition table is preferred>

Output of lspci -knn (or lspci -nn):

Base System Installation Checklist:
[O] = OK, [E] = Error (please elaborate below), [ ] = didn't try it

Initial boot:           [ ]
Detect network card:    [ ]
Configure network:      [ ]
Detect media:           [ ]
Load installer modules: [ ]
Detect hard drives:     [ ]
Partition hard drives:  [ ]
Install base system:    [ ]
Clock/timezone setup:   [ ]
User/password setup:    [ ]
Install tasks:          [ ]
Install boot loader:    [ ]
Overall install:        [ ]

Comments/Problems:

<Description of the install, in prose, and any thoughts, comments
      and ideas you had during the initial install.>

In the bug report, describe what the problem is, including the last visible kernel messages in the event of a kernel hang. Describe the steps that you did which brought the system into the problem state.