4.3. USB メモリでの起動用ファイルの準備

To prepare the USB stick, we recommend to use a system where GNU/Linux is already running and where USB is supported. With current GNU/Linux systems the USB stick should be automatically recognized when you insert it. If it is not you should check that the usb-storage kernel module is loaded. When the USB stick is inserted, it will be mapped to a device named /dev/sdX, where the X is a letter in the range a-z. You should be able to see to which device the USB stick was mapped by running the command dmesg after inserting it. To write to your stick, you may have to turn off its write protection switch.

[警告] 警告

この方法を使うとデバイス上の既存の物は破壊されてしまいます! USB メモリの正しいデバイス名を必ず確認して使用してください。間違ったデバイス名を使用すると、例えばハードディスク内のすべてのデータを失うといったことが起こります。

4.3.1. Preparing a USB stick using a hybrid CD/DVD image

Debian installation images can now be written directly to a USB stick, which is a very easy way to make a bootable USB stick. Simply choose an image (such as the netinst, CD, DVD-1, or netboot) that will fit on your USB stick. See 「Official Debian GNU/Linux installation images」 to get an installation image.

別の方法として、とても小さな、サイズが数メガしかない USB メモリ用に、netboot ディレクトリから mini.iso をダウンロードできます (場所については 「Where to Find Installation Files」 に記載があります)。

The installation image you choose should be written directly to the USB stick, overwriting its current contents. For example, when using an existing GNU/Linux system, the image file can be written to a USB stick as follows, after having made sure that the stick is unmounted:

# cp debian.iso /dev/sdX
# sync

Information about how to do this on other operating systems can be found in the Debian CD FAQ.

[重要] 重要

イメージはパーティションではなくディスクデバイス全体を指定する必要があります。例えば /dev/sdb1 ではなく /dev/sdb となります。イメージの書き換える unetbootin のようなツールは使わないでください。

[重要] 重要

Simply writing the installation image to USB like this should work fine for most users. The other options below are more complex, mainly for people with specialised needs.

USB メモリに配置したハイブリッドイメージは、ストレージの領域すべてを専有するわけではありません。そのため、ファームウェアファイルやパッケージ、その他選んだファイルを保持するために、空き領域を使用するのを、検討する価値があるかもしれません。あなたが、ひとつしか USB メモリを持っていないか、ひとつのデバイスにすべて格納する必要があるときに便利です。

USB メモリに ふたつ目の FAT パーティションを作成し、パーティションをマウントしてから、ファームウェアのコピーや展開をそこに行います。以下に例を示します。

# mount /dev/sdX2 /mnt
# cd /mnt
# tar zxvf /path/to/firmware.tar.gz
# cd /
# umount /mnt

もしかすると、USB スティックに mini.iso を書き込んだかもしれません。この場合、ふたつ目のパーティションを作成する必要はなく、都合のいいことに、すでに作成済みでしょう。USB メモリを挿し直すと、ふたつのパーティションが見えるはずです。

4.3.2. USB メモリへのファイルの手動コピー

An alternative way to set up your USB stick is to manually copy the installer files, and also an installation image to it. Note that the USB stick should be at least 1 GB in size (smaller setups are possible if you follow 「USB メモリへのファイルの手動コピー — 柔軟な方法」).

syslinux や、その設定ファイルと共に、インストーラの全ファイル (カーネル含む) が入った hd-media/boot.img.gz というオールインワンなファイルがあります。

これは便利ですが、この方法にはひとつの大きな欠点があることに注意してください。USB メモリの容量がもっと大きかったとしても、デバイスの論理サイズが 1 GB に制限されます。他の用途にも使用したい場合は、全容量を確保し直すため、USB メモリをパーティション分割し直し、新しいファイルシステムを作成する必要があります。

このイメージを使用するには、単に USB メモリに直接展開してください。

# zcat boot.img.gz > /dev/sdX

After that, mount the USB memory stick (mount /dev/sdX /mnt), which will now have a FAT filesystem on it, and copy a Debian ISO image (netinst or full CD/DVD) to it. Unmount the stick (umount /mnt) and you are done.

4.3.3. USB メモリへのファイルの手動コピー — 柔軟な方法

もっと柔軟なものがよかったり、何が起きているか知りたいのなら、以下に説明する USB メモリにファイルを置く方法を使用すべきです。この方法の利点は、(USB メモリの容量が十分大きければ) 任意の ISO イメージ、DVD イメージをコピーするという選択肢までもがあるということです。

4.3.3.1. USB メモリのパーティション分割

デバイス全体ではなく、USB メモリの最初のパーティションを セットアップする方法を示します。

[注記] 注記

ほとんどの USB メモリは、FAT16 パーティション 1 つであらかじめ設定されているので、おそらく USB メモリのパーティション分割のやり直しや、再フォーマットは必要ありません。どうしてもしなければならない場合は、cfdisk や他のパーティション分割ツールを使って、FAT16 パーティションを作成し[3]、以下のようにして MBR をインストールしてください。

# install-mbr /dev/sdX

install-mbr コマンドは、mbr Debian パッケージにあります。その後、以下のようにファイルシステムを作成してください。

# mkdosfs /dev/sdX1

USB メモリの正確なデバイス名を使用する事に注意してください。mkdosfs は、dosfstools Debian パッケージに含まれています。

In order to start the kernel after booting from the USB stick, we will put a boot loader on the stick. Although any boot loader should work, it's convenient to use syslinux, since it uses a FAT16 partition and can be reconfigured by just editing a text file. Any operating system which supports the FAT file system can be used to make changes to the configuration of the boot loader.

USB メモリの FAT16 パーティションに syslinux を置くには、syslinux パッケージと mtools パッケージをシステムにインストールして、以下を実行してください。

# syslinux /dev/sdX1

繰り返しますが、正確なデバイス名を使用するよう注意してください。 syslinux の開始時には、このパーティションをマウントしてはなりません。この手順ではパーティションにブートセクタを書き込み、 ブートローダコードを含んでいるファイル ldlinux.sys を作成します。

4.3.3.2. インストーライメージの追加

このパーティションをマウントし (mount /dev/sdX1 /mnt)、以下のインストーライメージファイルを USB メモリへコピーしてください。

  • vmlinuzlinux (カーネルバイナリ)

  • initrd.gz (初期化 RAM ディスクイメージ)

インストーラは、テキスト版とグラフィカル版の選択ができます。後者は、gtk サブディレクトリにあります。ファイル名を変更したければ、syslinux は DOS (8.3) のファイル名しか処理できないことに注意してください。

次に、syslinux.cfg 設定ファイルを作成します。最低限必要なのは以下の行です (netboot を使用している場合、カーネルバイナリ名を linux に変更してください)。

default vmlinuz initrd=initrd.gz

グラフィカルインストーラ用には vga=788 を追加すると良いでしょう。他のパラメータをお好みで付加できます。

さらにパラメータを追加するために、ブートプロンプトを有効にするには、prompt 1 の行を追加してください。

If you used an hd-media image, you should now copy the ISO file of a Debian ISO image[4] onto the stick. When you are done, unmount the USB memory stick (umount /mnt).



[3] bootable フラグを付け忘れないでください。

[4] You can use either a netinst or a full CD/DVD image (see 「Official Debian GNU/Linux installation images」). Be sure to select one that fits. Note that the netboot mini.iso image is not usable for this purpose.