3.6. インストール前に行うハードウェア・OS の設定

This section will walk you through pre-installation hardware setup, if any, that you will need to do prior to installing Debian. Generally, this involves checking and possibly changing BIOS/UEFI/system firmware settings for your system. The BIOS/UEFI or system firmware is the core software used by the hardware; it is most critically invoked during the bootstrap process (after power-up).

3.6.1. BIOS 設定

In order to install Debian GNU/Linux on a S/390 or zSeries machine you have first boot a kernel into the system. The boot mechanism of this platform is inherently different to other ones, especially from PC-like systems, and you will notice a big difference while you work with this platform: most (if not all) of the time you will work remote, with the help of some client session software like telnet, or a browser. This is due to that special system architecture where the 3215/3270 console is line-based instead of character-based.

このプラットフォームでの Linux は、マシン本体そのもので、LPAR (Logical Partition) と呼ばれるものの上、あるいは VM システムから与えられた仮想マシン上で動作させることが可能です。ブートメディアはランタイムモードにより異なります。例えば仮想マシンでは仮想カードリーダーが使えますし、LPAR では HMC (Hardware Management Console) から起動できることもあります。

実際にインストールを行うまえに、設計したり準備したりする段階をいくつか踏まなければなりません。全体の手順、例えばインストールメディアの準備や、そのメディアからの実際の起動などは、IBM からの文書で説明されています。ここでその情報を繰り返すのは不可能ですし、不必要でしょう。しかし、必要となる Debian 特有の情報や、その取得先については、ここで述べたいと思います。両方の情報源を元に、マシンと起動用インストールメディアを起動前に準備してください。クライアントセッションで welcome メッセージを見たら、またこの文書に戻り、Debian のインストール手順を行っていってください。

3.6.2. ネイティブな LPAR へのインストール

LPAR を Linux 向けに設定するには、 Linux for S/390 Redbook の 5 章と Linux for IBM eServer zSeries and S/390: Distributions Redbook の 3.2 章をご覧ください。

3.6.3. VM ゲストとしてのインストール

Linux を動作させる VM ゲストの設定については、Linux for S/390 Redbook の 6 章と、Linux for IBM eServer zSeries and S/390: Distributions Redbook の 3.1 章をご覧ください。

すべてのファイルを generic サブディレクトリから CMS ディスクにコピーする必要があります。kernel.debianinitrd.debian は、必ず 80 文字の固定レコード長としたバイナリモードで転送してください (FTP クライアントに BINARYLOCSITE FIX 80 を指定)。parmfile.debian は ASCII 形式か EBCDIC 形式でかまいません。ファイルを適切な順番にパンチする、debian.exec サンプルスクリプトには、イメージを含んでいます。

3.6.4. インストールサーバの設定

(直接にせよ web プロキシ越しにせよ) インターネットに接続していなければ、インストールしようとしている S/390 からアクセスできる場所にローカルなインストールサーバが必要です。このサーバは、インストールを行いたいすべてのパッケージを、NFS, HTTP, FTP のいずれかで提供できなければなりません。

The installation server needs to copy the exact directory structure from any Debian GNU/Linux mirror, but only the S/390 and architecture-independent files are required. You can also copy the contents of all installation images into such a directory tree.

FIXME: more information needed — from a Redbook?