B.1. 概要

preseed は、インストールの実行中に手動で回答を入力せずに、インストールプロセス中の質問の答を設定する方法を提供します。これにより、ほとんどの方法のインストールを自動化し、さらに通常のインストールでは利用できない特徴もあります。

preseed は必須ではありません。空の preseed ファイルを使用すると、インストーラは通常の手動インストールと同じ振る舞いをします。preseed した各質問は、(正しく与えていれば!) ベースラインからと同じ方法で、インストールの内容を変更します。

B.1.1. preseed の方法

preseed を利用するには、initrd, file, network と 3 種類の方法があります。initrd preseed は、いずれのインストール方法でも動作し、より多くの preseed をサポートしますが、多くの準備が必要です。file preseed や network preseed は、それぞれインストール方法が異なる場合に使用されます。

以下の表では、各インストール方法で使用できる preseed 方法を示します。

インストール方法 initrd file network
CD/DVD/USB yes yes yes[a]
netboot yes no yes
hd-media (USB メモリを含む) yes yes yes[a]

[a] ネットワークアクセスを行う場合だけでなく、適切な preseed/url を設定する場合。

An important difference between the preseeding methods is the point at which the preconfiguration file is loaded and processed. For initrd preseeding this is right at the start of the installation, before the first question is even asked. Preseeding from the kernel command line happens just after. It is thus possible to override configuration set in the initrd by editing the kernel command line (either in the bootloader configuration or manually at boot time for bootloaders that allow it). For file preseeding this is after the installation image has been loaded. For network preseeding it is only after the network has been configured.

[重要] 重要

言うまでもなく、事前設定ファイルが読み込まれる前に処理される質問は preseed できません (最初のハードウェア検出のように、優先度が中や低でしか表示されない質問も同様です)。あまり便利ではありませんが 「preseed が質問するブートパラメータの利用」 で説明しているように、ブートパラメータを経由して preseed することでそういった質問が出ないようにする方法があります。

preseed が起動する前に、通常現れる質問を簡単に回避するのに、自動 モードでインストーラを起動できます。これによりネットワークの設定が終わるまで、preseed の前に行われる質問 (言語、国、キーボード選択など) を遅らせ、preseed にその質問を含められます。また、インストールの優先度を最重要で行うため、大量にある重要でない質問を回避できます。詳細は 「自動モード」 をご覧ください。

B.1.2. 制限

debian-installer で行われる質問のほとんどはこの方法で preseed できますが、いくつか注目すべき例外があります。ディスク全体を (再度) パーティション分割するか、ディスクの空き領域を利用しなければなりません。つまり既存のパーティションを利用できないと言うことです。